About

-小さなinfo-

・8月24日(土)10:00-16:00
沖縄県南城市佐敷仲伊保470-2

沖縄・南城市で行われる「教会アート・マルシェ」さんに、
ちびトコも、出店させてもらうことになりました。
きっと気持ちいい風の中でのマルシェです

いつも、小さなものづくり、応援いただきありがとうございます。

2019年8月14日(水)ー8月19日(月)
京都のジェイアール京都伊勢丹10階「大沖縄展」に、いつもお世話になる、与那原町のYunaさんが、ちびトコの布モノたちも連れて行ってくださいます。
よかったら、この機会に、お手にとって眺めてみていただければ、と思います。
2019夏、なんと、京都」 ←小さく書きました

 

・ハッと気がつくと生まれる、ネコさんのものは、2019、9月の沖縄でのねこをめぐるアーティストの展示会に向けて、少しずつ、少しずつ、作業をはじめています。

Prootsさんに、とうとう今年の情報のっています。https://www.facebook.com/proots7/

ちびちびトコトコ

沖縄・那覇の小さな工房にて、布ナプキンや布コモノなど、そっと暮らしに寄り添うもの、
ひっそり、コツコツ、製作しています。

作家が出会った生地・布たち

見えないところも、ていねいに

手のぬくもりが届くもの

ふっくらと長く愛されて使ってもらえるもの

小さな想いは、ものづくりで、コツコツカタチに

ちびトコの縫製糸は、主にフェアトレード・オーガニックコットン(NOC認証)を使用しています。
ゆっくりミシンを踏むことになりますが、ゆっくりていねいに作っています。

みなさんの「声」を聞きながら、製作を進めています。

 

布ナプキンについて

少しずつ、両面・オーガニックコットンの布ナプキンの製作も増えているところです。


「ちびトコ」の布ナプキンは、“肌に当たる面”は、糸、タグを含めオーガニックコットンを使用していますが、
“肌に当たらない”ショーツ側は、綿・綿麻などの中から、作家が出会った可愛い生地で製作しています。

15.11OCライナーtop-photo 本体ホルダー防水2015.7019
替えナプーネル生成り説明-3 替えナプーネル茶せつめい-3

 

(旧 ちくちくSato9)

以前のブログ→http://blog.goo.ne.jp/satoko9_tikutiku

2011年〜  沖縄へ 水上店舗2Fにて「ちくちくSato9」アトリエを持つ
2015年秋より、アトリエ名「ちびトコ」へ。
2017年春、水上店舗2Fからお引越し、新たな工房を那覇の端に移し、制作活動に集中する。
布モノ、布ナプキンの他、作家いしざきさとことして、制作・表現活動の幅を広げている。


2019年4月、イタリア・ボローニャ、2ヶ所にて作品展示
「布ナプキンのはなし」開催 (コーディネーター/ピエトロ・スコッザリ)

 

つくり手 布作家・ちくちく作家 designer , Artisan

Satoko Ishizaki いしざき さとこ (http://satokoishizaki.com)

パートナー(夫)は、Pietro Scozzari ピエトロ・スコッザリ(イタリア・ボローニャ出身、世界を旅してきた写真家)

・ピエトロさん、沖縄・那覇の素敵な映画館「桜坂劇場」の「桜坂市民講座」にて、『英語で話そう、世界を知ろう』を担当しています。世界を知ること、知らなかったことを知ること、視野がグンと広がること、未来につながる大切なテーマと、さとこさんも、コソコソ、応援しています。

アトリエー猫!

 

〈Shopのinfo〉


・浦添市・港川Prootsさんでの、「ちくちく猫さんコースター」は、お届けした分、すべて旅立ったとのお知らせです。
また、コツコツ制作します。ありがとうございます。
《→9月の「ぼくとねこ展」に向けて、コツコツ製作中〉
コツコツ…

・那覇の国際通りからすぐの素敵なカフェ「Lamp」さん(那覇市松尾)、猫さんを応援したいの思いで、ネコさんのストラップたちを置かせていただいています。残り少なくなりまして、のお知らせがあり、コツコツ制作したコたち、少しずつですがお届けしました。パートナー・ピエトロさんの沖縄の猫チャリティーポストカードもあります(2019.夏)
那覇にお立ち寄りの際は、素敵なカフェの空間も味わいながら、よかったら。

 

・那覇、「市場の古本屋ウララ」さん。縁あって、ウララさんとコラボの「本とウララとフクロウ」なブローチを制作いたしました。本との出会いは人生と時々変えてしまう、旅で出会った本がタカラモノになる時があります。
那覇の市場にお立ち寄りの際は、古本、沖縄本との出会いも探しに、よかったら、古本屋ウララブローチも、見つけてあげてください。(店主の著書『市場のことば、本の声』に、水上店舗時代のSatoko、登場しています。)

いつも、本当にありがとうございます。