blog・メガネ旅

めがね−1

もうかれこれ、10年ほど使っている、メガネさん。

白いメガネに手をすることで、とっても迷って、何度もお店に通ったことを覚えています。

北欧からやってきたこのメガネは、とても軽くて、使い心地とともに、もう手放せない存在。

が、最近、鼻パッドがとれてしまいました。

那覇の近所のおっちゃんがやっているメガネ屋さん。

親切になおしてくれたけれど「この規格のものじゃないからねー」と、心配しながら、

と思ったら、やっぱりポロッと落ちてしまう。

もう、ブランド名もすり減って見えないしなぁ〜、と思って、3回程を繰り返したころ、

そのメガネ屋さんが「このメガネは“theo”だよね、専門店が東京にあるよ」

「あー、そうでした!theoです。theo(テオ)! ありがとうございます」

 

そんなことを見抜けてしまう、那覇のこの小さなメガネ職人屋さんに惚れ惚れしつつ、

専門店に連絡したら、「送ってくれたら、修理できますよー」と、とてもあたたかい声で対応してくださいました。

そして、先日、送りました。

東京にどんぶらこ旅立った、私の白めがね。

どんな旅をして帰って来るのでしょう。

子の旅立ちを見守るように、白めがねの旅立ちを思っているのです。

モノを愛する人々の営みは、とても心がホクホクするから、不思議です。


2016-07-20 | Posted in blogComments Closed 

関連記事