ネコと地域と、ぬくぬくヒロガレ

ちびトコのアトリエのテーマは、やっぱり、いろんなイイコトが広がって欲しいの種まきを、
“ちびちびトコトコ”なのだなぁと思います。
今週、17日の土曜日、14時〜16時
那覇・新都心の「なは市民活動支援センター」で、
沖縄でのプロジェクトを、全面的にバックアップしてきた「どうぶつ基金」の代表の方の、
お話の場があるそうです。
 *
主催:琉球わんにゃんゆいまーる
http://ameblo.jp/12yuimaaru/entry-12227288240.html
沖縄のTNR(ノラ猫さんたちの不妊手術プロジェクト)、
増え過ぎて、殺処分にまわされている現状をどうにかしたい、という人が、日に日に、沖縄で増えているなぁ、
と感じています。行政を含め、変化をしてくれているのです。
私も、耳をカットされたネコさんたちが、不妊手術済みの印ということを、数年前まで知りませんでした。
でも、沖縄で会う外国の方とお話しすると多くの人が知っています。
 ・
小さな、知ることが変化をつくることもあるんだなぁ、と思います。
 ・
人間も、自然の一部。
地球に生きているのは、人間だけじゃない。
そう気づくと、鳥の声や、道ばたにさく花も、生き生きと、目に入ってくるから、不思議です。
私の場合、布ナプキンが、そのかけがえのなくて、大切なことに気づかせてくれたような気がします。
とても大切な気づきでした。
人間の都合で、大切なものを犠牲にしたくない、

“小さな命たちとの共存できる地域”は、やっぱりウフフと、素敵と思います。

我が家の近くのノラ猫は、小太りで、優雅に昼寝姿をよく見せてくれます。
耳カットされたその三毛猫さん、
きっと、雨に日も、エサをあげてくれる地域の方がいるのだろうな、とホッとするのです。

そんな、あたたかいこと、広げたい。

まとまりませんが。

土曜は、盛りだくさんの那覇。
お話会も、マルクト(蚤の市・牧志駅前)、水上店舗2Fマルシェも、
てくてく、てく、と。


2016-12-13 | Posted in News, Blog, Peace&nekoComments Closed 

関連記事